僕たちは水の中で絡み合う|第6話の無料立ち読み

MENU

第6話 俺、先生のこと・・・シーツの上で絡み合う。

ぶるりと身を震わせたそのとき、バスの中が急に賑やかになった。

 

トイレ休憩のためにサービスエリアに停車したようだ。

 

「オ、オレもトイレ、行ってきます・・・!」

 

ズボンを穿き慌てて立ち上がると、足に力が入らなくてふらりと倒れてしまった。

 

「無理するなよ」

 

先生に抱きとめられ、やさしく囁かれる。

 

「だ、大丈夫ですから」

 

そう言い残し、オレは逃げるようにバスの外に飛び出した。

 

合宿所に着くと、さっそく海でトレーニングすることになった。

 

少し眠ったおかげで体調は回復していたけれど、念のため見学するよう先生に言われた。

 

せっかく目の前に青い海が広がっているのに、自分だけ泳げない。

 

楽しそうにはしゃぐ部員たちを横目にオレはしょんぼりと肩を落とした。

 

練習後、夕飯を食べ終わると部員たちは思い思いの時間を過ごし始める。

 

オレはみんなに見つからないよう、そっと部屋を抜け出し、夜の海辺へと向かった。

 

Tシャツとジャージを脱ぎ捨て、波打ち際に駆け寄る。

 

はだしの足に冷たい水が触れて、気持ちよかった。

 

「すこしくらい、いいよな」

 

遠浅の海。

 

沖に出なければ、一人でも安全なはずだ。

 

夜空には大きな月が浮かんでいる。

 

そのおかげで外灯がなくても、わりと明るい。

 

ゆっくりと身体を水に浸し、泳ぎ始める。

 

久しぶりの海は、やさしくオレの身体を包み込んでくれた。

 

夜の海を満喫していたそのとき、急に太腿に痺れるような痛みが走った。

 

「っ・・・!」

 

普段なら慌てたりしない。

 

だけどプールとは違う強い汐の流れに体勢を崩してしまう。

 

呼吸をしようと水面に顔を出し、目一杯口を開いたそのとき、大波がかぶってしまった。

 

・・どうしよう・・

 

遠退きはじめる意識。

 

抗うことすらできず、波に巻かれてしまう。

 

「翔・・・!」

 

そのとき、誰かの叫び声が聞こえた。

 

だけどもう、それ以上意識を保ち続けることができなくて・・

 

オレはそのまま意識を失ってしまった。

 

「翔、しっかりしろ・・・翔!」

 

微かに聞こえる、誰かの声。

 

ぐっと胸を押され、口づけられる。

 

温かな息を吹き込まれ、オレは人工呼吸されているのだということに気づいた。

 

ゆっくりと目を開くといつになく切羽詰まった降谷先生の姿が飛び込んでくる。

 

「せん・・せい・・?」

 

「お前はいったい、何を考えているんだ!」

 

ひとりで夜の海を泳ぐなんて自殺行為だと怒鳴りつけると、

 

先生はギュッとオレの身体を抱きしめた。

 

ぐっしょりと濡れたジャージ。

 

オレを助けるために、服も脱がずに海に飛び込んでくれたのだろう。

 

普段はやさしい先生がこんなにも怒るなんて・・。

 

「オレ、先生に迷惑かけてばっかりで・・ごめんなさい」

 

「いや、俺のほうこそ悪かった」

 

オレの謝罪に先生はちいさく首を振った。

 

「どうして先生が謝るの?」

 

「ここのところ、お前のようすがおかしいの、俺のせいだろう?」

 

「べ、別に・・そんなことっ・・」

 

逃れようとしたオレを先生はギュッと抱きしめ直す。

 

「すまない。お前の気持ちを確かめもせずに、あんなことをしてしまって」

 

化学準備室でのことを言われているのだと気づき、かぁっと頬が火照る。

 

「あ、あれは・・先生だけが悪いわけじゃなくて・・」

 

先生は決してオレを暴力でねじ伏せたわけじゃない。

 

拒もうと思えばいくらだって拒めたのに、オレはそうしなかったのだ。

 

「好きだよ、翔」

 

驚いて目を瞬かせたオレに先生はそっとキスをする。

 

ちゅ・・

 

包み込むようにやさしいそのキスに身体から力が抜けてしまった。

 

「あのとき言えなかったけど・・俺、本当はお前のことが好きなんだ」

 

やんわりと抱き止められ、トクンを心音が高鳴る。

 

「返事は急がないから、ゆっくりと考えてみて欲しい」

 

潮風に冷えた身体。

 

先生の腕のなかはあったかくて、とても心地いい。

 

「そんなことより、足の痛みは大丈夫か?」

 

薬を塗ってやると言われ先生の部屋に向かう。──

 

と、ここまでが無料立ち読みの内容です♪

 

この続きは本編で♪

 

↓↓↓登録したい方はこちらから↓↓↓

大人気【BL】漫画!6話まで配信中!

僕たちは水の中で絡み合う

↑↑↑無料サンプルと登録はこちら↑↑↑

(1ヶ月540円登録・360ptで全部読めます!)

スマホ専用コミック(android&iPhone対応)